【ブロガー初心者必見】「武器としての書く技術」の概要・感想レビュー

ライティング術

こんにちは、たんたんです。
私はtwitter(@mishima_books) やブログで100冊近くの本を紹介しています。

今回は、イケハヤさんの「武器としての書く技術 (中経出版)」という本を紹介したいと思います。

この本のオススメ読者は

「武器としての書く技術」はこんな人におすすめ
・これからブログをはじめようとしている人
・アクセスが伸びないブログ初心者
・ブログを書くのに時間がかかる人

また、この本はビジネス系Youtuber としても有名なマナブさんがマナブログで紹介する ブログ初心者にオススメする本7選 にも選ばれています。

タイトル「武器としての書く技術」の概要・要約

まだ東京で疲弊してるの?など大胆な物言いで度々炎上しながらも、ブレない姿勢と解説能力の高さで活躍するイケハヤさんの著者。読まれるブログを書くための具体的に指導書でもあり、やりがいと厳しさを教えてくれる本です。

武器としての書く技術:目次
1章 文章が残念な人の10の特徴
2章 凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法
3章 月40万字書き続けるぼくの12の秘密
4章 ここまで公開していいのか?書いてつき50万稼ぐ法
5章 書く技術はこんなに人生を豊かにする

イケハヤさんの
ブログテクニック
わかりやすい文章の書き方
ブログを書く理由

が明快に示され、非常に面白い本になっています。

「武器としての書く技術」を読んだ感想・勉強になった事

何が言いたいのかわからないブログになってないか?

まず、テクニック論として、初心者ブログによくある
「何が言いたいのかわからないブログ」の具体例を説明してくれました。

みなさんにも当てはまってて、「ドキッ!」としませんか?

何が言いたいかわからないブログ
・前置きが長すぎる
・誰に何を伝えたいかわからない
・文章が長くて見にくい。
・抽象的すぎる

炎上を恐れない

皆さんも思い当たる節はありませんか?

つい優等生で、周りのことを気にしてしまう
ブログの世界は自由なはずなのに、起きてもいない炎上をおそれてしまっていないか?
あなたの「言いにくいこと」は、誰かの「言ってほしいこと」です。

とにかく自分の意見を言い切る!

それが発信力ということかなと思いました。

最後に・感想まとめ

私は2019年7月にブログを書き始めて、3ヶ月放置したりゆっくりしたペースながら、書き始めて1年でやっと目標とする100記事を達成しました。

ただ、今回イケハヤさんの著書を読んで、彼の執筆量に驚きました。

まず、圧倒的に書く事。時速1万字!!

そして、「ネタが尽きるなどあり得ない」とのこと。

なぜなら、面白い事をさがしながら生きる習慣をつけ、経験しそれに基づく主張を続ければネタは尽きない。

また、ネタを探しながら生きると人生は豊かになる。ことも納得です。

そして、最後の章ではイケハヤさんのあふれ出るブログ愛を感じざるを得ませんでした。自己表現は、彼自身の解放なのかもしれませんね。

今はその活躍を YOUTUBE に移していますが、今後もガンガン発信していって欲しいと思います!

皆さんも「武器としての書く技術 (中経出版)」是非読んでみてください。ブログを続ける為のエッセンスが入っています。

*読書をしたいけど時間がない方は、聞く読書がオススメ
Amazon オーディブル無料体験
今なら1冊無料で聞くことができます。あなたのお気に入りの1冊を探してみるのも良いかもしれません。30日の無料期間中いつでも解約できます。
私も読書ブログとして、こちらのサイトで様々な本の内容をアウトプットしています。
それではまた!