【感想・日本史】ゼロから始める日本史講義(古代編)は大人の学び直しに最適!

日本史

こんにちは、たんたんです。
私はtwitter(@mishima_books) やブログで100冊近くの本を紹介しています。

今回は、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんの「0から学ぶ「日本史」講義 古代篇 」という本を紹介したいと思います。

この本のオススメ読者は下に当てはまる人です!

「ゼロから学ぶ日本史講義(古代編)」はこんな人におすすめ
・日本史の学び直しをしたいと思っている人
・世界との関係性から日本史を学びたい人
・歴史の勉強をビジネスに生かしたいと思っている人

「ゼロから始める日本史(古代編)」を読んだ感想・勉強になった事

日本の歴史は海外(特に古代は唐)の影響を強く受けている。

学校で習った日本史は、当然日本で起きた事柄が中心に語られています。

また、日本が島国であることもあり、

「日本は他国との干渉もなく、独自の歴史を歩んできた。」

と考えてしまいがちです。しかし本書を読むと全くそんなことはありませんでした。

7C中旬から8C頭の、大化の改新→白村江の戦い(敗北)→壬申の乱→大宝律令制定 は、日本が、唐や朝鮮半島とのバランスの中で立ち回りながら、「唐に対抗するために団結し、中央集権国家や法令を作らねばならない!」という必要性を強く感じていたことがわかりました。

このように、日本の中での出来事だけで考えるとよくわからない事柄も、世界の流れの中で見ると、その必然性を感じることが多かったです。

つまり日本史単体で切り取って考えるのではなく、世界史の一部分として日本史をとらえる視点が需要ということだと思います。

感想

この本は、ところどころ関西弁でのフランクな解説も入っており、語り口も非常に読みやすいです。

私はすでに中世編も手に入れました。

歴史の知識は趣味としても十分に楽しめますが、
歴史の流れを知ることで過去の教訓を生かせたり、人や権力が移り変わるスイッチのようなものを理解できるようになるため、ビジネスなど生かすことのできる、非常に実戦的なものなのではないかと考えています。

皆さんも「0から学ぶ「日本史」講義 古代篇 」是非読んでみてはいかがですか?おすすめです!
アマゾンレビューも上々ですので、レビューの意見も参考にしてみてください!

日本史
シェアする
りょうたろをフォローする
サラリーマンにオススメな最強の自己投資ブログ