【おすすめ英会話スクールも】英検の面接対策として気をつけるべき点3選

英語を読む事は得意だけど、話すのは苦手という方は私も含め非常に多いです。

英検準1級の面接の流れってどんな感じ?
なんか使えるコツってないかな?

という不安な声もよく聞きます。

私も、元々英語を話す事が苦手なタイプだったのですが、
英検準1級の面接対策をかなり必死に行い、なんとか合格する事が出来ました。

今回は、英検の面接や英会話での注意点やオススメ勉強法を紹介したいと思います!

英検で問われる専門分野を日本語で勉強しておく。

面接などの英会話を行う際に意外と落とし穴なのは、「言われていることの内容を日本語でも説明できない」ということがあるという事です。

日本語のニュースでもそうですが、経済の知識がないと、経済ニュースの内容は入ってきません。また、スポーツニュースの中でも自分がやっていたスポーツに関してはめちゃくちゃ理解が早いですよね。

対策法としては、英検に必ず出る分野「教育・社会・経済・科学・歴史」に5つの頻出トピックについては日頃からアンテナを高くして、新聞やネットニュースなどの情報をチェックするのが良いと思います。

自分が話すテンプレ文を持っておく

これは、日常会話でよく聞かれることをテンプレ文として用意しておく事も大事だと思います。

・休みの日には何をしてる?

・どんな職業をしているの?

という日常会話の定番みたいな質問には、あらかじめ答えを用意しておくのが良いのかなと思います。

使いやすい休日の過ごし方テンプレ3選

1. 読書バージョン
「I usually read books in my free time. My hobby is reading novels and manga」
2. ジョギングバージョン
「I usually go jogging in my free time. My hobby is running in the park in the morning」
3. 映画バージョン
「I usually watch movies in my free time. My hobby is watching action movies」

こんな感じで、自分なりの答えを用意しておくのもいいかも知れません。

また、自分の職種をあらかじめ調べておく事も大事です。

例えば、Teacher, Docter, Nurse などは答えやすいですね。
また、会社の中での部門を答える方法もあります。
営業:「 I work in the sales department.」
研究:「I work in the Research and development department 」など。

このように、会話のきっかけとなるフレーズを覚えておくと、面接がスムーズに進むということが期待できます!

英会話スクールで実力をつける ←オススメ

ここまでは、過去問や自身の経験から、独学での勉強方法をお勧めしましたが、やはり独学では限界があり、英会話スクールで学ぶ中で自然に慣れていき経験を積むのが一番です。

英会話スクールとして、私がお勧めするのは 産経オンライン英会話Plus  です。

まず産経オンライン英会話Plus  は名前の通りオンライン会話サービスなので、わざわざ通う必要がなく、時間や場所を選ばずに英会話に取り組むことができます。

また、最大の利点として、産経新聞の記事を基にした英文ニュースを題材に、 講師とのディスカッションが出来るので、時事問題や経済などのトピックにも対応できるという点です。

英検で問われるトピックは新聞記事を基にしたものも多いので、かなりアドバンテージがあると思います。

また、より英検に特化した、英検二次面接対策も有料テキストで受講可能ですので、そちらを利用しても良いかもしれませんね!

講師も自由に選択することができます。ネイティブスピーカーとの会話を選択できる事もそうですし、日本語で相談ができる日本人講師がいるのも魅力的ですよね!

受講料は月6,380円〜 という事でお財布にも優しいです。

以上、ここまで紹介したテクニックやオンライン英会話スクールをうまく活用して、英検の面接や英会話のスキル向上を続けていきましょう!!

 

英語学習
シェアする
りょうたろをフォローする
サラリーマンにオススメな最強の自己投資ブログ