英検1級 2017-1 英作文 言論の自由の制限は正当化できるか?

今日は2017年第1回のテーマについて勉強していきたいと思います。結構ヘビーなテーマですね、人文的な分野からの設問ですね。

英検1級は英作文の対策が合格を大きく左右します!
英作文の対策は 最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇 がオススメです。
このサイトで概要を掴んだ後は、本書の予想問題で実力を伸ばしてください。

英検1級 2017-1 英作文 言論の自由の制限は正当化できるか?

過去にもヘイトスピーチや、フェイクニュースなども議題に挙がっていたような気がしますが、ネット社会の進展に伴って起きる重要な問題ですよね。言論の自由は今後も重要度が増してくるテーマだと思います。

論点整理

インターネット社会が到来
→誰でもが情報発信可能
→嘘の情報(意図的である、無いに関わらず)や人を貶める発言が爆発的に増加。
→ この発言を消したり、その発信者を罰するのは社会的に認められますか?
という流れで考えて構わないと思います。

テーマが壮大すぎる場合は少し具体的な所まで落として考えないと、話がぼんやりしてしまいます。

いつも通り、コスト-プロフィット人々の安心安全健康への被害 の観点で行けば外さないと思います。

模範解答〜日本語〜

⑴間違った情報による健康被害

言論を規制しない事による悪影響として、人々の安全や健康に被害が出る事が考えられる。今日のインターネットの発展により、健康に関するたくさんの情報に溢れている。その中には誤った健康法や過激なダイエット法の情報もあり、それらを信じてしまうと、体調を崩してしまう可能性がある。

⑵ヘイトスピーチによる国際問題

ヘイトスピーチによる差別や、外国人に対する差別的な言動が話題になっている。この問題を放置すると、個人を傷つけるだけでなく、国際的な問題に発展する可能性がある。それにより、国際的な緊張が高まり我が国が不利益を被る可能性がある。

⑶個人情報流出による経済的損失

最後に、プライバシーの侵害に関する問題が挙げられる。個人情報に関する問題は規制すべきと考える。個人情報の流出は経済的損失や精神的な苦痛に繋がるため、適切に取り扱われる必要がある。

という感じでいいと思います。

英語での実装

The negative consequences of unregulated speech can be harm to people’s safety and health. With the development of the Internet today, there is a lot of information about health. There are also wrong information about the health and information on extreme dieting methods, and if you believe them, you may get sick.

Discrimination based on hate speech and discriminatory behavior against foreigners have become problems. If left unchecked, this could not only harm individuals, but also cause international problems. As a result, international tensions may increase and Japan may suffer disadvantages.

Finally, there is the issue of privacy infringement. We believe that personal information issues should be regulated. Leakage of personal information leads to economic loss and emotional distress and needs to be handled appropriately.

過去の問題一覧が見たいという方は英検1級 英作文テーマ 過去問9年分一覧をぜひチェックして下さい!

英検1級は単語と英作文に注力するのが、合格への近道です!
英単語の対策: 英検1級 でる順パス単
英作文の対策: 最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇

がオススメです。

英検1級
シェアする
りょうたろをフォローする
サラリーマンにオススメな最強の自己投資ブログ