【誰でも家計簿】ズボラな私でも家計を改善できた3つのステップ

お金の知識

こんにちは、たんたんです。

家計簿つけるのってすごくめんどくさくないですか?
我が家も今まで何回もしっかり家計簿をつけようと決心し、また挫折してきました。

しかし、今はズボラでもできる、ざっくりした家計管理を心掛けることで
やっとコツがわかってきました。

なんかわからないけど、お金が貯まらない!

という人にはぜひ読んで欲しいです!

 

ステップ1:現金払いをやめ、カード払いに統一

まず今まで何回か家計簿をつけようとして、その度に挫折した人や財布の中がレシートでいっぱいになってる人はいませんか。

・・実は私も昔はそうでした。

現金派の人は「カードを使うとつい使いすぎてしまう」と言う方も多いですが、あるデータによると現金派よりカード派の方が自分の家計管理について興味がある、そして貯金額が多い。

と言う結果が出たそうです。

私も今までクレジットカードをあまり使っていなかったんですが、楽天経済圏にして全てを楽天カードに統一させました。

そして、電気、水道、ガス、携帯支払いだけでなく、スーパーやドラッグストアでの買い物や外食についても全てカード払いにしました。

その結果、カードの明細書がほぼ1ヵ月の支出そのものになることがわかりました。

無理して家計簿をつけようとするとレシートをなくしたりして挫折してしまいますが、まずはラフにすべての支払いをカードや電子マネーにして家計を把握すると言うことが何よりも大事です。

ステップ2:出来るだけネットショップでまとめ買い

つい買い物をしすぎてしまう人、そういう人は実店舗に行かないことが大事です。

あるものを買いに行っても、つい違う品物を買ってしまったり、お買い物帰りにふらりと別の店に寄ったりして、想定していなかったものを買ってしまい家計が苦しくなってしまうパターンがあります。

もちろんストレス発散や趣味として買い物楽しむ事は問題ではありませんが、家計のことを考えた場合はネットショップなどで必要物品をまとめ買いするのが良いと思います。

私は楽天市場ユーザで、5と0の付く日が安いのでその日まで我慢して、キャンペーン日にまとめ買いするようにしています。

すると衝動でカートに入れたものも「やっぱりいらないか」と思い直して購入を踏みとどまったものもあります。

このように自分にクーリングオフを設ける意味でも、ネットショップでカートに入れ、キャンペーン日にまとめ買いするのが良いかと思います。

ステップ3:固定費と変動費にざっくり分ける

家計簿アプリや簡単なExcelや家計簿など、どんなものでも良いですが、

とにかく、考えすぎずにとにかく始めるのが良いでしょう。食費、生活費とかに分けるのがめんどくさいんだったら、店ごとに集計するだけでも良いと思います。

ここでもキャッシュレスはすごく便利で、楽天ペイやPayPayなどは月ごとの消費が計算できたり、店舗ごと集計までしてくれます。

そして家賃、水道光熱費、携帯、その他毎月必ず払っているものを固定費、
食費、洋服代等、月によって変わるものを変動費としてしっかりこれでまず可視化しましょう。

(収入ー支出)が0以上なら必ずお金は溜まります。なので、手取り給料は把握していると思うので、支出をざっくりで良いので把握しましょう。

今どれだけ家計に余裕があるのか知ることが、マネーリテラシー実践の第1歩だと思います!!

それではまた!!