【心理学検定・第6章・解説】心理学検定一問一答B領域解説第6章~独学者のための勉強法~

心理学検定

こんにちは、りょうたろです。

このブログでは心理学検定の問題集として有名な心理学検定 一問一答問題集[B領域編]に関する情報や、心理学検定の試験対策に関する情報をシェアしています。

心理学検定 一問一答問題集はすごくわかりやすくて良い本なんですが、一つ重大な欠点があります。
それは「演習問題の解答はあるけど解説がない!」という事です。

各章末に50問の〇×形式の演習問題があるのですが、〇か×かの解答はあるものの、その解説は全く書かれていません。

りょうたろ
りょうたろ

解説がないと、勉強がなかなか進みませんよね。。

そこで今回は、B領域 第6章「神経・生理」の演習問題の解説を自分なりに作ってみました。ぜひ、皆さん参考にしてください!

なお、本記事は、心理学検定一問一答集を手元に見ながら読んでください。
まだ持っていない人はぜひ購入してください。心理学検定合格のバイブルだと思います。

「心理学検定 一問一答問題集」 演習問題 B領域 第6章「神経・生理」

本記事では、心理学検定一問一答集のB領域第6章の実力確認問題の解説をしていきます。
本書で×がついている問題について、何が間違っているのか、何が正しい答えなのかを
解説したいと思います。

第6章

Q1: 中枢神経系→中枢神経系と末梢神経系

Q4:大脳、小脳→延髄、橋

Q5:聴覚→視覚

Q6:縫線核→黒質
縫線核は「セロトニン作動性ニューロン」が豊富

Q8:頭頂葉→後頭葉

Q12: 90%→10%
脳の10%がニューロン、90%がグリア細胞

Q14: γ-アミノ酪酸(GABA)→グルタミン酸
GABA は抑制性のためリラックス効果があるとされる

Q16: 視床下部→下垂体後葉

Q17:ポジティブフィードバック→ネガティブフィードバック
生体の恒常性を維持するために必要な機構

Q20: 副交感神経→交感神経
副交感神経の指標は心拍数

Q21: 視床下部→視床

Q23: 長期抑制→長期増強(LTP)

Q25: ウェルニケ野→ブローカー野

Q29:4段階→5段階

Q33: 視床→海馬の歯状回

Q34: ポジティブフィードバック→バイオフィードバック

Q38:オレキシン→ドパミン

Q41: 事象関連電位→自発電位

Q42: 電気刺激法→破壊法

Q45: ウラシル(U)→グアニン(G)

Q46: エクソンとイントロンが逆
タンパクのコード部分がエクソン、
タンパクの非コード部分がイントロン

Q50: 機能と構造が逆。
PETは、細胞のグルコースの取り込みや代謝を指標に、脳の機能を知る為の方法。