薬剤師が教える腸内フローラの基礎知識3つ【腸内細菌の数、バランス、変化】

雑記

今回は腸活をおこなう上で知っておきたい、腸内細菌の基礎知識を3つまとめました。
腸内細菌の数、そして腸内フローラのバランス、そしてそれを変化させる要因についてです。

腸内細菌の数と種類はどれくらい?

そもそもまずヒトはどのくらいの腸内細菌と生活しているのでしょうか、
早速結論です。

ヒトは100兆個の腸内細菌と共生している

ヒトの消化管に腸内細菌は1000種類、100兆個いると言われています。
人間の細胞は37兆個と言われていますから、それよりもずいぶん多いと言う印象です。
健康に過ごすためには、それらの腸内細菌と上手く付き合っていく必要があります。

1000種類を超える腸内細菌は腸内フローラを形成している

腸内細菌たちは、バラバラに位置している訳ではなく種類ごとにまとまって、腸内の壁面に生息しています。その細菌の様子をお花畑に例えて、「腸内フローラ」と呼んでいます。また、腸内細菌叢(草むら)と言う呼ばれ方もされています。

腸内フローラのバランスとは?

腸内細菌は以下の3つに分けられます。

善玉菌:腸の運動促進、短鎖脂肪酸の分泌など、ヒトの体に有用な働きをする菌
悪玉菌:腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌
日和見菌:機能未知の物も多い。体調が崩れたとき悪玉菌として働く菌

腸内細菌のバランスを維持する事が健康の維持に大事で、逆にそのバランスが崩れると、疾患や老化に繋がると言う事が知られています。

腸内フローラはどのように変化するの?

ここまで、腸内フローラの重要性について勉強してきました。人それぞれの腸内フローラを維持する事が健康の秘訣です。
では、逆に腸内フローラは同様な時に変化するのでしょうか。

腸内フローラが変化する原因として、以下の4つが挙げられます。

  1. 身体的変化・・・幼年期〜成年期〜老年期にかけての身体的変化
  2. 食事内容の変化・・・バランスの良い食事、善玉菌の摂取など
  3. 生活環境・・・飲酒、喫煙、ストレスなどの要因
  4. 抗生剤の投与・・・特に乳幼児や高齢者に対して

 

まとめ

我々はたくさんの腸内細菌と共生して、お互いに利益を得てきました。
このパートナーとの適切な距離感を保ちつつ、乳酸菌、ビフィズス菌などを摂取し、
善玉菌を増やしていく「腸活」をおこなう事が健康への秘訣です。

雑記
シェアする
りょうたろをフォローする
サラリーマンにオススメな最強の自己投資ブログ