【転職しない選択】転職をカードに自社内で有利な条件を勝ち取った薬剤師の方法を紹介

自由な薬剤師へ

皆さんの中にこの様に考えている人はいませんか?

今の職場に不満があるけど、何から始めていいかわからない。転職エージェントに登録するのはなんか不安。

この様に不安に思う人も多いと思います。

特に、転職未経験の方や、転職エージェントを使ったことがない人はこの様な不安が大きい様に感じます。

私は、今でこそ3回の転職と1回の転職未遂をして、ようやく納得いく会社に巡り会い、プライベートも充実して気楽な生活を送っているものの、最初の転職活動をするときは、かなり緊張と不安でいっぱいでした。

今回は、転職をカードにして自社内で良い条件を勝ち取った薬剤師の紹介をしたいと思います。
転職しない選択をした成功例と言うことで、参考になる部分も多いと思います。

成功例:転職しない選択をしたある女性薬剤師の戦略

転職活動を始めるまで

彼女(A子さん)は関東の薬科大学を卒業した後、ドラッグストアの業務やその商品開発がしたくてある会社に新卒で入りました。

ただその会社が調剤併設店舗になり、彼女は異動となり調剤薬局の薬剤師として勤めていたそうです。

A子さん自体、調剤は初めてだったのですが、スキルも徐々に身に付き充実した日々を送っていました。

しかし、ある時からその状況は一変します。

調剤薬局の管理薬剤師さんが急遽辞職、代わりに外部から新規にある男性薬剤師さんが派遣され、管理薬剤師になったのです。

その新管理薬剤師は非常に仕事ができない人だったらしいです。

それだけでなく、A子さんに強く当たったり、セクハラまがいのことをしてきたとのことです。

精神的にも疲弊してきたA子さんは、本部に何度か相談したそうですが、なかなか取り合ってもらえませんでした。

「今の店舗でもう少し頑張れ」と言うような、つれない返事がつづいたそうです。

転職活動を決意したA子さん

そして彼女は転職を決意します

意を決して、転職エージェントに登録し(A子さんはマイナビ薬剤師を登録したそうです)、エージェント面談を受けたそうです。

そして、彼女の希望する調剤併設型でないドラッグストアの会社であったり、化粧品や生活雑貨の商品開発部門を選択し、その面接を受けたそうです。

無事面接を合格して、ドラッグストアの採用が決まりました。そして、A子さんは今いる会社の本部の方に他社への内定の旨を伝えたそうです。

すると、衝撃の展開が待っていました。

現状の会社からの突然の異動(栄転)命令

なんと、突然A子さんに異動の辞令が出たそうです!

なんと、パワハラ管理薬剤師がいる今の店舗から、別の店舗のドラッグストア部門に異動になりました。

やはり、新卒で入った会社ということで、同期のつながりもあり会社の仲間の事は好きだったみたいです。現状の会社の対応に満足したA子さんは、先方の会社に内定辞退を行いました

つまり、転職はしなかったものの、結果的にA子さんは希望が叶ったということがありました。

どう考えてもタイミングがよすぎるので、転職することを知って慌てた本部の人が事例を出したんでしょうね。

自社で有利な条件を引き出すには、転職をカードに交渉すべし。

会社を辞めますと言う相談をしてもなかなか会社は動いてくれません。逆に説得されて身動きが取れなくなってしまうことも多いでしょう。

今回の彼女の良かった点は、先手をとって行動し、内定を取ったことだと思います。

転職をしない決断も当然できます。またそれをカードに今の職場でより良い条件を引き出すこともできます。

あまり横柄な態度で臨むのも良くないと思いますが、交渉のカードとしてより良い条件で転職ができるんだぞと言うことを自分の会社に知らせておく事は大事かもしれません。

後日談

そして彼女はそのドラッグストアの店舗を数年勤めた後、化粧品会社に転職したそうです。

少し年収落ちたそうですが他に本人のやりたいことができたと言うところで今彼女はとても幸せそうです。

ドラッグストアに転職した後も、当時のマイナビ薬剤師の転職エージェントさんにずっと登録したまま縁を切らさずに情報を収集し続けたとのことです。

薬剤師として生きていく中で、非常にうまい方法だと思います!

現在、薬剤師で転職を希望している人が増えてきて、転職エージェントへの登録も増えてきている状態です。優秀なエージェントさんとうまく巡り合うためにも、早めの登録をしておくのをお勧めします。

A子さんはマイナビ薬剤師だけで良いエージェントさんに当たった様ですが、私は自分の体験から、 マイナビ薬剤師ファルマスタッフ   のペアでの登録が良いと思います。

機を逸して損をしない様に、3分で終わるので Web登録だけでも済ませておきましょう。

それでは楽しい薬剤師ライフを!!