【残り2カ月の勉強法】スタディング模試は中小企業診断士試験勉強におすすめ!

みんなが欲しかった! 中小企業診断士の問題集こんにちは、りょうたろです。

2022年、私は7年ぶりに中小企業診断士試験に再挑戦することを決め、1月4日から勉強をスタートしました!半年間での1次、2次合格を目指しています!

今回は勉強6カ月目(一次試験まで残り2カ月)の進捗状況をメモしたいと思います。

この記事を読むと

・勉強開始6カ月目の進捗状況 (22年6月)
・おススメ模試(スタディング)

について理解できると思います。

>>私が利用している通信講座「スタディング」の無料体験はコチラ

目次

勉強 6カ月目の進捗状況 

以前(7年前)は、TAC の参考書を使った完全独学の方法でしたが、今回は通信講座のスタディングを使って、効率的に勉強しています。

りょうたろ
りょうたろ

完全に理解できなくても、試験問題が解ければいいという、いい意味での諦めが重要な気がします。

6月のメイントピックとして、スタディングの1次試験模試を受けました。

試験まで残り2カ月というこの時期に、早めに模試を受けることは重要だと思います。

危機感だったり、自分の足りない点を見つけることが目的ですね!

スタディングの1次試験模試は、受験料が4000円と非常にお得です。

ただし、web受験になりますので、会場の雰囲気を味わうことは出来ません。

また、本試験よりも簡単なので、ここで高得点を取っても慢心しないことが大事です。

中小企業診断士スタディング模試の結果

スタディング模試の結果

早速、模試の結果です。

総合得点は433点/700点で、得点だけ見れば合格点でした。

 

しかし!この模試は平均点も高く、総評としても合格可能性はイマイチという判定でした。

りょうたろ
りょうたろ

点数だけ見てテンション上がってたのですが、現実は厳しいかったです。油断禁物ですね!

この模試は過去の本試験にかなり忠実な問題が多いです。

新傾向問題はほとんどありませんでした。そのため、基礎的な論点の定着度を測るにはもってこいの模試です。

しかも、この模試はスマホやPCで、間違った問題だけ復習するモードなども搭載されてますので、復習も捗ります。

次の目標は、7月頭に実施されるTACの一次試験模試です。

この模試はかなり難しいとの噂ですが、逆に言えば、これで420点取れば本番は安泰ということですね!

残り2ヶ月の時点で、一回自分の実力や足りないところを把握できた事は大きな成果だと思います!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元薬局薬剤師。今は一般会社で働き、副業ライター(月5-6桁)しつつ自由に暮らす30代男性。英語学習(TOEIC920点)やライティング、マーケティング、メンタル術など、社会で必要とされつつ、個人で稼げるために必要なスキルを磨いて、その様子を発信しています。

コメント

コメントする

目次