英検準1級 CSEスコアと素点との換算式の目安

英検準1級
monicore / Pixabay

英検のテストを受ける上で気になるのがCSEスコアですよね?

このブログでは過去の友達の報告などを基に、CSEスコアと素点の相関の目安を報告したいと思います。

*この度2021年3月に 英検準1級に興味を持ったらはじめに読む本 (弥生ライフハック出版)を Kindle本で出版しました!是非チェックして下さい!


 

英検CSEスコアの仕組み

英検CSEスコアは、全受験者の答案を採点したあとで、統計的手法を用いてその試験回の難易度などを調整した上で算出されるため、「素点で○点だからCSEスコアは△点」みたいな計算方法で算出される訳ではありません。偏差値みたいなものですね。

仕組みはわかったから、結局何点取れば合格できるの??

英検準1級の場合のCSEスコアー素点の目安

CSEスコアは、各科目最低点は0点、最高点は750点です。得点率が極端に低い場合や極端に高い場合は例外ですが、「6割~8割5分くらいの間は、ほとんど直線的に上がって行くようなイメージ」で考えると良いと思います。

また、素点で7割取っていればギリギリで受かるような配分になっていることが多いです。

リーディング、リスニングCSEスコアの概算式

・リーディングは満点が41点ですが、7割の28点を取ると600点。そこから1点上下する毎に±6点という感じです。
・リスニングは満点が29点、7割が21点としてその時のスコアは605点と思って下さい。そこからそこから1点上下する毎に±10点という感じです。

例えば、素点でリーディング34点リスニング20点の場合は、CSEスコアの概算でいうとリーディングは636点(600+6×6点)リスニングは595点(605-10×1点)という感じです。
*これはあくまでも目安で、毎回素点に対するCSEスコアは変動しますのでご了承ください。

まとめ:一番大事なことは早めの2次対策!

CSE スコアの概算は以上です。ただ、毎回素点に対するCSEスコアは変わるし、英作文の採点は結果が出るまでわかりません

一番大事なことは、

手応えが微妙でも早めに2次試験の面接対策を始める!事です。

私も、英作文の最後の1文が時間切れで書けず不安だった中で、2次試験対策を始めた記憶があります。悩んでいる暇があるなら2次試験の対策をしましょう。

面接対策としては2次対策用の本で対策をするか、オンライン英会話で対策をするかの2択があります。順に説明していきます。

2次対策用の本で対策をする

面接本としてはかなり優秀で、愛用していたのが、 英検準1級 面接・攻略ポイント20 ですね。最新の問題のトレンドを組み込んでいて、本番そっくりの問題が掲載されています。オススメです。

一方で、旺文社の2次試験用の本は購入したものの、発行日が古くて、現在の出題傾向と違っている印象もあり、まったく使いませんでした。

英検準1級 面接・攻略ポイント20 の詳細はこちら

 

オンライン英会話で勉強する(無料体験あり)

やっぱり、面接の練習は本もよいですが、英会話が一番良いと思います。

面接の会話自体で緊張することも多いので、一度英会話で緊張を味わっておくことも重要です。
オンライン英会話でのおススメは、ネイティブキャンプです。月額制レッスン回数無制限で有名なオンライン英会話スクールですね。無料体験もできますので、短期間限定で取り組むのもありだと思います。

ただし、2次試験前は入会者も多いですので早めの体験をおススメします。
追記:2021.1月現在7日間の無料体験をおこなってるようです。

オンライン英会話ネイティブキャンプ無料体験


また、Speaking とWriting のどちらにも対応していて、英検に特化したベストティーチャーというオンライン英会話塾も現在無料体験をおこなっています。

他の英会話スクールよりも価格の相場は高めですが、あらかじめ面接のスクリプトを添削してくれるため、しっかり取り組んで面接対策に挑みたい人にオススメ!

追記:2021.1月末までは無料体験+半額キャッシュバックキャンペーンをおこなっているようです。
SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール「ベストティーチャー(Best Teacher)」



2次試験までは長いようで短いです、お早めの対策をオススメします。

1次試験を受ける前の場合

とにかく、点の上がりやすい英単語とライティングを中心に勉強する事!下の二つは過去問と共に必ず買うべき鉄板の書です。(私もこれで合格しました。)

補足:英検準1級の2次試験対策のおススメ3選

1. 英検準1級過去問集 (英検赤本シリーズ)
やはり外せないのが過去問ですね。1次試験で用いたモノを使うのが基本的には良いですが、私は解説が詳しくて、内容がわかりやすかった赤本シリーズを使いました。


2. [CD1枚付] 英検準1級 面接・攻略ポイント20
面接本としてはかなり優秀で、愛用していました。最新の問題のトレンドを組み込んでいて、本番そっくりの問題が掲載されています。オススメです。

 

3. 英検準1級 面接大特訓
英語教育会のカリスマである植田一三先生の本です。キーセンテンスのまとめや短文練習、そして予想トピックに対する背景知識までしっかり網羅されています。英作文対策としても優秀な1冊です。

それではまた!