【単語帳選び決定版】 パス単 vs 文単 英検準1級、どっちの単語帳を使うべき?

英検準1級

こんにちは、たんたんです。

英検は何と言っても単語学習が一つの大きなヤマですよね。

英検用で旺文社が発行している単語帳として、でる順パス単英検準1級と、文で覚える単熟語(準1級)が2大メジャーどころかなと思います。

ただ、その良質な比較記事が少なく

パス単と文単、どっちの単語帳が良いのかな?

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そのどちらが良いのか過去3回分の過去問での出題率を参考に徹底比較しました。

結論から言うと

このブログの結論!
語彙問題で点を取りたいなら圧倒的にパス単!
文単は語彙問題対策としてはNG!
ただ、リスニング、長文読解用の教材としては優秀!

詳しく説明していきます。

*この度2021年3月に 英検準1級に興味を持ったらはじめに読む本 (弥生ライフハック出版)を Kindle本で出版しました!是非チェックして下さい!

英検準1級 パス単と文単のそれぞれの特徴

でる順パス単英検準1級 とは旺文社が発行しているとても有名な単語帳です。掲載されている単語+熟語数は1850語です。通称「パス単」と言われています。多くの英検受験者に使用されています。

パス単は読者レビューも高いため、やはり英検用単語帳の王道と言えます。

詳しくは下のリンクを参照してください。
↓詳しい情報はこちらから↓

一方で、文で覚える単熟語(準1級)も、旺文社から出版されている単語集ですが、内容はかなり違います。

こちらは、実際の英検問題に近いオリジナルの英文と過去問を採用しており、英検準1級でよく取り上げられる題材に親しみながら、語彙力・読解力を高めることができます。掲載されている単語+熟語数は1526語です。

面白いテーマで読みやすいし、リスニング教材としても質が高いですね!

文で覚える単熟語(準1級)は文章の中で英語を勉強する方が合っていると言う方にはおすすめです!

詳しくは下のリンクを参照してください。
↓詳しい情報はこちらから↓

【検証】パス単 VS 文単 英検の過去問で何点取れる?

検証方法

今回は直近3回分の英検テスト(2020年9月現在)を検証用に使いました。

2019年第2回、2019年第3回、2020年第1回の3回分のテストです。
過去問はこちらの英検ホームページからアクセスできます。

調べ方は、語彙問題25問の正解選択肢の中から、そのいくつが文単に載っている単語または熟語かを一つ一つ調べました。全く同じ言葉でなくてもその派生語であればOKとしてカウントしました。
(例:happy→ happily や happiness はOK)

結果の詳細

その結果

パス単:25点中17点、正答率68% (単語15.7/21点、熟語 1.3/4点)
文単   
:25点中7.7点、正答率30% (単語 6.7/21点、熟語 1/4点)

と言う結果になりました。結果を見ると9~10問差、パス単の圧勝といったところですね。

詳しい検証結果はこちら
参考記事1:パス単の語彙問題カバー率を徹底検証しました。
参考記事2:文単だけで語彙問題が何点取れるか調べました(2020年度版)

文単より、パス単の方が収録語数が多いから当然ですよね

という意見もあると思いますが、ここの語彙問題での10点の差はかなり大きいです。

まとめ

今回の検証で、語彙問題で点を取りたいなら圧倒的にパス単!ということがわかりました。逆に文単の内容がこんなに過去問で出題されないのかとびっくりしました。

では、文で覚える単熟語が使えないかというと全くそんなことはありません!

実際、筆者は文単のおかげで、英検のトピックスを学ぶことができましたし、リスニング力も高まりました。

ただし、文単は語彙問題対策には向きませんし、直前の詰め込み用のテキストとしては向いていません。

語彙問題を確実にとりたい、短期間で英検準1級に受かりたい人という人は、パス単を使って、単語を完璧にすると言う戦略が良いと思います。

英検準1級は、合格率は低い難関試験ですが、語彙問題をしっかりとれば、何とか合格点が見えてくると思います。私のオススメとしては、パス単を使って、語彙問題を完ペキにすることが合格への近道かなと思います

参考記事1:パス単の語彙問題カバー率を徹底検証しました。
参考記事2:文単の語彙問題カバー率を徹底検証しました。

↓詳しい情報はこちらから↓