【徹底比較】 パス単 vs キクタン 英検準1級、どっちの単語帳を使うべき?

英検準1級

こんにちは、りょうたろです。

英検は何と言っても単語学習が一つの大きなヤマですよね。

英検用でよく売れている単語帳として、でる順パス単英検準1級と、キクタン英検準1級が2大メジャーどころかなと思います。

ただ、その良質な比較記事が少なく

パス単とキクタン、どっちの単語帳が良いのかな?

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そのどちらが良いのか過去3回分の過去問での出題率を参考に徹底比較しました。

結論から言うと

このブログの結論!
語彙問題で点を取りたいなら圧倒的にパス単!
リスニングに自信があり、リーディングに力を入れないならキクタンもあり?

詳しく説明していきます。

*この度2021年3月に 英検準1級に興味を持ったらはじめに読む本 (弥生ライフハック出版)を Kindle本で出版しました!是非チェックして下さい!

英検準1級 パス単とキクタンのそれぞれの特徴

でる順パス単英検準1級 とは旺文社が発行しているとても有名な単語帳です。掲載されている単語+熟語数は1850語です。通称「パス単」と言われて多くの英検受験者に使用されています。

パス単は読者レビューも高いため、やはり英検用単語帳の王道と言えます。

 

一方で、キクタン英検準1級とはアルクが発行している、こちらも有名な単語帳です。掲載されている単語+熟語数は1120語、他の単語帳に比べて語彙数が少ないのが特徴です。またキクタンは「聞いて覚える」ということに重点を置いています。

音声コンテンツも充実してますね!

音楽にのせて英語を聞いて覚えていくスタイルが好きな人も多く、キクタン英検準1級はリズムよく単語を覚えることができます。

詳しくは下のリンクを参照してください。

【検証】パス単 VS キクタン 英検の過去問で何点取れる?

検証方法

今回は直近3回分の英検テスト(2020年9月現在)を検証用に使いました。

2019年第2回、2019年第3回、2020年第1回の3回分のテストです。
過去問はこちらの英検ホームページからアクセスできます。

調べ方は、語彙問題25問の正解選択肢の中から、そのいくつがキクタンに載っている単語または熟語かを一つ一つ調べました。全く同じ言葉でなくてもその派生語であればOKとしてカウントしました。
(例:happy→ happily や happiness はOK)

結果の詳細

その結果

パス単:25点中17点、正答率68% (単語15.7/21点、熟語 1.3/4点)
キクタン
:25点中13点、正答率52% (単語12/21点、熟語1/4点)

と言う結果になりました。結果を見ると4問差、パス単の圧勝といったところですね。

キクタンより、パス単の方が収録語数が多いから当然ですよね

という意見もあると思いますが、

ここの語彙問題での4点の差を大きいと見るか小さいと見るかだと思います。ちなみにに私はかなり大きいのではないかと思っています。

まとめ

英検のリーディングは単語と熟語が25問、読解問題が16問あります。

読解問題は解くのに時間もかかり、本番のコンディションにより点を落とすこともあります。しかし、単語と熟語は覚えているかいないかだけなので、すごく点が安定します。確実に受かりたい人は、パス単を使って、単語を完璧にすると言う戦略が良いと思います。

ただ、小さい頃から英語のリスニング教育を受けている学生の方、帰国子女の方などリスニングが得意と言う方は、語彙問題に力を入れなくてもさくっと受かってしまうこともあります。

そのような方は、キクタンを使って、サクッと覚えることで合格に近づくと思います。

英検準1級は、合格率は低い難関試験ですが、語彙問題をしっかりとれば、何とか合格点が見えてくると思います。私のオススメとしては、パス単を使って、語彙問題を完ペキにすることが合格への近道かなと思います

参考記事1:パス単の語彙問題カバー率を徹底検証しました。
参考記事2:キクタンの語彙問題カバー率を徹底検証しました。