【転職を失敗したくない人必見】薬剤師が知っておくべき転職エージェントとの付き合い方NG3選

自由な薬剤師へ

まず、新人薬剤師として働く皆様に朗報です!

薬剤師は転職がイージーで、自由な働き方が選択できる素晴らしい資格です。

でも、それに気づかないまま、ブラック薬局で消耗してしまっている方も多いです。

私の目標は行動力が無く、周りに流された過去の新人薬剤師時代の自分のような方に向けて、
一歩踏み出すための背中を押してあげるようなブログを作ることです。

わたしは実は、新人薬剤師時代に管理薬剤師や上司からのプレッシャーに押しつぶされて、
軽いうつ状態になり会社をお休みしていたこともあります。

その後は、心機一転「自分の合う環境は自分で見つけようと考え」3回の転職と1回の転職未遂をして、ようやく納得いく会社に巡り会うことができ、プライベートも充実して気楽な生活を送っています。笑

転職活動に関するブログはこちら

転職するうえで、転職エージェントとの付き合い方について気になる方も多いですよね?

思ってた条件に合わない案件を紹介された。

など、ネット上にそのような体験談を見ると不安になってしまいますよね。

最初に結論です。

転職エージェントとの付き合い方が悪いと転職活動は失敗する!

今回は転職エージェントとのNGな付き合い方を3つ紹介します。皆さんはこのような失敗をしないように注意すれば、必ず自分の希望の案件を勝ち取ることができます!

NGその1:1社のエージェントにしか登録しない。

残念ながら、一定の割合ではずれのエージェントの人は存在します。

エージェント自体を変えてもらうこともできるのですが、私も含め、なかなかそんな勇気はない人も多いので、セカンドオピニオン的に相見積もりも兼ねて2社以上のエージェントを並行して転職活動を行うのが良いでしょう。

またそれぞれの転職エージェントは独自の非公開求人を持っているので、2社のエージェントを登録すると、お宝物件が見つかる可能性が2倍になります

私は2社で転職活動をしましたが、3社4社と並行して行う人もいました。

個人的には2社ぐらいが連絡の量なども含めちょうど良いのではと思います。

いきなり4社、5社と登録すると一気に連絡が来て嫌になってしまうかもしれませんので笑
2社に対してしっかりコミットしていくのがよいと思います。

私は企業へ転職をしたときは(マイナビ薬剤師+エムスリーキャリア)
ホワイトな調剤薬局を目指しての転職は( マイナビ薬剤師ファルマスタッフ )を選択して
良い案件を勝ち取りました。

NGその2:転職エージェントの方との面談で見栄を張って自分自身を良く見せようとする

これは昔の私がやってしまったことです。

転職エージェントの方との面談で見栄を張ってしまう、自分をよく見せようとするのはNGです。

転職エージェントとの面談の一番の目的はこの人が何を基準に会社を探しているのか、をお互いに共有すること。

もっとはっきり言うと「給料」、「休み」、「勤務場所」のどれを重視してるかと言うことです。

下手に「やりがいが~」とか「どこでも大丈夫です」みたいなことを言うと、全く絞り込めずに希望しない案件を紹介されたりマッチングがうまくいかないことがあります。

とにかくお金が欲しいんです!

でも良いので、エージェントとの面談は正直に自分の希望を言うことをお勧めします。
(もちろん、実際の薬局との面談ではそんなにぶっちゃけてはダメですよ笑)

NGその3:エージェントからの連絡を無視する。特に序盤

エージェントからの連絡に対して、特にエージェント面談を行う前に連絡を無視したりするのはNGです

「この求人者は転職に前向きじゃないのかもしれない」と相手に思われてしまうからです。

どうしても返信が難しい場合は「用事が立て込んでおります」というように何らかのレスポンスをしてください。

逆に、面談が終わり、いろいろな案件の紹介を受ける段階では、自分の希望を曲げる必要はなく、自分のペースで希望の案件が得られるまで粘り強く進めることをお勧めします!

まとめ

「転職エージェントに騙された、嘘をつかれた、希望の案件を紹介してくれなかった!」

というクレームはネット上に多いですが、最低限それを防ぐマナーとして、2社以上に協力することや自分の希望を正直に言うなどすると後の案件に近づけると思います

ちなみに私はファルマスタッフ の方に対して「家から30分以内で通える、残業がないホワイトな会社!」と正直に言って

かなり希望に沿った案件を紹介してくれました。

このように、皆さんも楽しい転職ライフをお過ごしください!